1 / 512345

半熟作家と”文学少女”な編集者

最終巻がよもやの短編集。けれども本編終了後の彼らの姿が、遠くから見るような感覚で描かれていて、「ああ、元気にやっているんだなあ」と感慨深く読みました。 この作品自体は、自意識過剰な高校生作家の少年を、無自覚に遠子さんが翻 … 続きを読む

“文学少女”と恋する挿話集4

本編の合間を埋めるような話の他、各キャラクターのその後だったり、心葉くんからは見えなかった遠子先輩の姿だったりが描かれた短編集。 ううーん。個人的には、ななせのその後は描かれない方が嬉しかったかなあ。ななせには幸せになっ … 続きを読む

コラボアンソロジー2 ”文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る

いやー、バカテスのみ知らんのですが、他はどれも好きな作品だけになかなか面白かったです。 中でも一番はやっぱり「文学少女」+「バカテス」な「"文学少女"と乙女に集う召喚獣」が最高。いやはや、野村さん自ら … 続きを読む

“文学少女”と神に臨む作家 上

冒頭こそ琴吹さんとの初々しい恋人同士の描写で甘い気分になれますが、それ以降は一転して不安な描写が続きます。特に流人が遂に直接的な行動に出てきて、心葉や琴吹さんの心情を掻き乱して行きます。 琴吹さんに嘘を重ねてしまう心葉に … 続きを読む

1 / 512345